イソフラボンを深く知る!

アンチエイジングには
イソフラボンが効果あり?

 いつまでも若くありたいと思うのは、人類共通の願いと言っても過言ではないでしょう。
 最近では老化による衰えを予防する「アンチエイジング」という言葉を聞く機会が多くなっていますが、イソフラボンにはアンチエイジングに役立ちそうな働きがあるのです。

イソフラボンには抗酸化作用がある

 老化には、体内の活性酸素という物質が関係しています。
 イソフラボンは活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持っています。

活性酸素と老化のメカニズム

 活性酸素は体内に入ってきた細菌を退治してくれるなど、免疫力アップ効果があります。
 問題は活性酸素が増えすぎると健康な細胞を傷つけてしまうことです。
 活性酸素によって細胞が傷つけられると、その部位が劣化し、老化につながってしまうというわけです。

イソフラボンの老化防止メカニズム

 イソフラボンが活性酸素の働きを抑えることで、活性酸素によって細胞が傷つけられにくくなります。
 これによって皮膚や内臓の劣化を抑えることができ、アンチエイジングにつながってくれるのです。

イソフラボンは女性ホルモンを「増やす」

 女性にとっては、女性ホルモンの分泌量減少も老化につながります。
 イソフラボンには女性ホルモンを「増やす」ことで、アンチエイジング効果を発揮するのです。

女性ホルモンの減少も老化につながる?

 女性ホルモンには、真皮でのコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す働きがあります。
 加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少すると、コラーゲンやヒアルロン酸の生成量も減り、肌の張りが失われます。
 また、女性ホルモンには骨からカルシウムが流れ出すのを防ぐ働きもあるため、分泌量の減少は骨密度を低下させ、骨粗しょう症につながります。

イソフラボンが女性ホルモンを「増やす」メカニズム

 イソフラボンは女性ホルモンに似た分子構造をしているため、摂取することで女性ホルモンを「増やす」のと似た状態になります。
 これによってコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促して肌に張りを与えたり、骨密度の低下を防いだりするなど、アンチエイジング効果が期待できるのです。