イソフラボンを深く知る!

イソフラボンには
効きやすい人と効きにくい人がいる?

イソフラボンの効果には個人差があり、同じ量を摂取しても高い効果が出る人と、出ない人がいます。 なぜそのようなことが起きてしまうのかというと、腸内細菌が関係しているのです。

腸内細菌が関係する2つのポイント

イソフラボンと腸内細菌が関係しているポイントは、2つです。 グリコシド型からアグリコン型への変換と、エクオールへの変換です。

グリコシド型からアグリコン型への変換

大豆製品に含まれているイソフラボンは、味噌のような例外を除けばグリコシド型です。 グリコシド型はアグリコン型に糖が付いたもので、分子のサイズが大きく、そのままでは腸から吸収することができません。

イソフラボンを体内に吸収するためには、糖を外してアグリコン型に変える必要がありますが、アグリコン型への変換は腸内細菌によって行われているのです。 この腸内細菌の働きが弱いと、グリコシド型からアグリコン型への変換がうまく行われず、イソフラボンの吸収率が落ちて効果が弱くなってしまうというわけです。

エクオールへの変換

イソフラボンは、体内でエクオールというより強力な成分に変換され、効果がアップします。 ただ、すべての人の体内でエクオールが生産されるわけではありません。

イソフラボンからエクオールへの変換は腸内細菌によって行われますが、この腸内細菌の保有率は日本人の場合、4割程度です。 しかも、若年層に限れば2~3割にダウンします。

欧米人の菌保有率が同レベルであるところを見ると、食生活の変化で大豆食品を食べる習慣が薄れてきていることが影響しているとみられます。 エクオールへの変換が行われなければ、イソフラボンの効果の低下につながってしまいます。

どのような対策を取ればいいの?

イソフラボンの効果を高めるためには、腸内環境を整えることが必要です。 一例を挙げれば、イソフラボンをエクオールに変える腸内細菌の保有率は、大豆製品を毎日食べている人の方が高くなっています。 大豆製品を積極的に食べて、イソフラボンの効果アップに努めていきましょう。