イソフラボンを深く知る!

イソフラボンには発酵大豆が良い?

イソフラボンをより効果的に摂取するためには、発酵大豆が良いとされています。 なぜ発酵大豆がイソフラボンの摂取に適しているのか、そのメカニズムについて説明していきましょう。

イソフラボンには2種類ある

実はイソフラボンには2種類あるのです。 グリコシド型とアグリコン型です。

グリコシド型とアグリコン型の違いは?

グリコシド型のイソフラボンは「配糖体」と呼ばれるもので、糖が結合しているので分子のサイズが大きくなっています。 アグリコン型は糖が結合しておらず、分子のサイズが小さくなっています。 腸から栄養素を吸収するためには、ある程度分子のサイズが小さくする必要があります。

イソフラボンの場合も、グリコシド型を腸内でアグリコン型に変換してから吸収しています。 グリコシド型がすべてアグリコン型に変換されるわけではないので、グリコシド型はどうしても吸収率が悪くなってしまいます。

アグリコン型は発酵大豆のみに含まれている

実は大豆に含まれているイソフラボンは、グリコシド型なのです。 豆腐や豆乳といった大豆製品にも、グリコシド型のイソフラボンが含まれています。

アグリコン型が含まれているのは、味噌や醤油といった発酵食品のみです。 発酵の過程でグリコシド型イソフラボンから糖が取れ、アグリコン型になってくれるのです。 発酵大豆がイソフラボンの摂取に適しているのは、最初から吸収されやすいアグリコン型になってくれているためなのです。

発酵大豆の例外とは?

ただ、発酵大豆は必ずアグリコン型イソフラボンが多いのかというと、例外はあります。 発酵大豆である納豆は、基本的にアグリコン型の含有率が低いのです。

この点についてはメーカーサイドも把握しており、アグリコン型イソフラボンが多く含まれるような納豆菌の発見に努めるなどの対策を行っています。 現時点では、納豆は発酵食品でありながらアグリコン型の含有量が少ない、例外的な存在だと考えておいた方が良さそうです。