イソフラボンを深く知る!

グリコシド型のイソフラボンは吸収されにくい

大豆イソフラボンには、グリコシド型とアグリコン型の2種類があります。 ほとんどの大豆食品に含まれているのはグリコシド型の方ですが、実はグリコシド型はアグリコン型に比べて体内に吸収されにくいという問題点があるのです。

グリコシド型イソフラボンが吸収されにくい理由

グリコシド型とアグリコン型のイソフラボンの大きな違いは、分子のサイズです。

分子サイズの大きいグリコシド型

イソフラボンのうち、グリコシド型は糖が付いており、その分だけ分子のサイズが大きくなっています。 腸での栄養素吸収は、分子のサイズがある程度小さくなっていないと不可能です。

糖質がブドウ糖に分解されたり、タンパク質がアミノ酸に分解されたりするのはこのためです。 イソフラボンについても同様で、糖が付いておらず、分子サイズの小さいアグリコン型に変換されて吸収されるのです。

すべてアグリコン型に変換できるわけではない

問題は、グリコシド型のイソフラボンが、すべてアグリコン型に変換できるわけではないということです。 グリコシド型からアグリコン型への変換は腸内細菌によって行われますが、どうしても変換されずに残ってしまう分が出てきます。

グリコシド型のままのイソフラボンは腸から吸収されないため、最初からアグリコン型として摂取したものと比較すると、どうしても吸収率が下がってしまうというわけです。

アグリコン型の摂取方法は?

イソフラボンの吸収率を上げるためには、アグリコン型のものを摂取する必要があります。 大豆製品の中でも発酵食品である味噌には、アグリコン型のイソフラボンが含まれています。 味噌汁などを積極的に食べることで、アグリコン型イソフラボンの摂取量を増やすことは可能です。

また、サプリメントにはアグリコン型イソフラボンが配合されている製品があります。 ただ、サプリを利用するとイソフラボンの摂取過剰につながる可能性もありますので、注意が必要です。