イソフラボンを深く知る!

イソフラボンとカルシウムの関係

 イソフラボンには女性ホルモンのうち卵胞ホルモンに似た働きをしてくれるため、骨粗しょう症の防止に役立つとされています。
 そして、イソフラボンの効果をより高める栄養素が、カルシウムなのです。

イソフラボンが骨粗しょう症防止に役立つメカニズム

 イソフラボンは骨からカルシウムが溶け出さないようにすることで、骨粗しょう症を防いでいるのです。

卵胞ホルモンと骨の関係

 骨はカルシウムの貯蔵庫のような役割も持っています。
 体内にはミネラルの濃度を一定に保ってくれる働きがあり、摂取不足などが原因で体内のカルシウム濃度が下がると、骨のカルシウムが溶け出す仕組みになっています。

 卵胞ホルモンには、骨のカルシウムが体内から溶け出すのを防ぎ、カルシウムの流出によって骨密度が下がるのを防ぐ働きがあります。

イソフラボンが卵胞ホルモンの不足を補う

 若いころは卵胞ホルモンの分泌量が多いので、骨密度はなかなか下がりません。
 ところが、加齢によって卵巣が衰える更年期以降は、卵胞ホルモンの分泌量が低下するため、骨のカルシウムが溶け出しやすくなります。
 これによって骨密度が下がりやすくなり、骨粗しょう症が増加するのです。

 イソフラボンには上述のように、女性ホルモンに似た働きがあります。
 この働きが、骨のカルシウムが溶け出すのを抑え、骨粗しょう症の防止に役立っているのです。

カルシウム摂取でさらに丈夫な骨に!

 では、骨密度をさらに上げるにはどうすればいいのでしょうか。
 それは、骨の原料であるカルシウムを摂取することです。
 すでに骨密度がある程度落ちているケースでは、イソフラボンだけでは骨の状態は回復してくれません。

 カルシウムの摂取量を増やしていけば、骨密度が上昇し、簡単にポキリと折れてしまうようなこともなくなるでしょう。
 問題は大豆製品にはあまりカルシウムが含まれていないことで、牛乳をはじめとする他の食品や、サプリメントなどによって補う必要があります。