イソフラボンを深く知る!

コラーゲンと大豆イソフラボンで
キレイを手に入れる!

 張りのあるキレイな肌でいたいと思うのは、男性も女性も同じでしょう。
 イソフラボンとコラーゲンを同時に摂取することで、その「キレイ」を手に入れられるかもしれないのです。

なぜ肌が張りを失ってしまうのか

 肌が張りを失ってしまう理由のひとつは、コラーゲンの生成量の低下です。
 コラーゲンは真皮の線維芽細胞で生成されており、若いころは生成量が多いので肌の張りを保てているのです。

 加齢などによってコラーゲンの生成量が低下すると、肌の張りが失われてしまうというわけです。
 女性ホルモンにはコラーゲンの生成を促す働きがあり、加齢による卵巣の機能低下によって女性ホルモンの分泌量が減少することも、肌が張りを失う原因です。

コラーゲンの生成を促すイソフラボン

 イソフラボンは、分子構造が女性ホルモンに似ているため、体内の受容体と結合して、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
 イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの分泌量を増やすのと似た効果が得られるのです。
 女性ホルモンを「増やす」ことによってコラーゲンの生成を促せば、キレイな肌になることが期待できるというわけです。

コラーゲン摂取で「原料」を補給

 ただ、いくらコラーゲンの生成を促しても、肝心の原料がなければ思うように生成量が増えてくれません。
 コラーゲンの生成量を増やすためには、コラーゲンそのものを摂取して、原料を増やすことも必要になります。
 コラーゲンは分子構造が大きいので、そのままでは消化器から吸収できません。

 このため、一度アミノ酸などに分解してから吸収することになりますが、これによってコラーゲン生成のために必要な原料がすべてそろってくれるのです。
 あとはイソフラボンの効果に期待をかけるだけです。

まとめ-相乗効果が美肌を生む!

 キレイな肌を作るのに役立つのは、イソフラボンとコラーゲンの相乗効果なのです。
 肌の張りを失わないため、あなたもイソフラボンとコラーゲンを同時摂取してみませんか。