イソフラボンを深く知る!

生理前ニキビにはイソフラボンで

 生理前にニキビができて困っているという人は、意外に多いのではないでしょうか。
 イソフラボンには、生理前のニキビを緩和してくれる働きがあるため、悩みの解決につながりそうです。

生理前ニキビの原因は黄体ホルモン

 女性ホルモンは大きく分けると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。
 生理前ニキビの原因は、黄体ホルモンの働きが強くなることです。

卵胞ホルモンの黄体ホルモンの違いは?

 卵胞ホルモンは女性らしい体を作ったり、卵子を育ててくれたりする働きがあります。
 一般的に「女性ホルモン」といえば、卵胞ホルモンの方を指します。

 これに対して、黄体ホルモンは排卵後に卵巣内に作られる黄体から分泌されるもので、体を妊娠しやすい状態にしてくれる働きがあります。
 女性は排卵前に卵胞ホルモンの働きが強くなり、排卵後、つまり生理前に黄体ホルモンの働きが強くなるというサイクルを繰り返しています。

黄体ホルモンの問題点は?

 ただ、ニキビという観点で見ると、黄体ホルモンには大きな問題点があります。
 黄体ホルモンには、皮脂の分泌量を増やすという働きがあるためです。
 皮脂の分泌量が増えれば毛穴に詰まりやすくなり、ここにアクネ菌などの雑菌が感染することでニキビになってしまうのです。

なぜイソフラボンがニキビ対策に役立つの?

 イソフラボンは、卵胞ホルモンに分子構造が似ており、受容体と結合することで卵胞ホルモンに似た働きをしてくれます。
 卵胞ホルモンには皮脂の分泌量を抑える働きがあるため、ニキビの原因である毛穴の詰まりを防ぐことができます。
 これによって、生理前にニキビができるのを多少なりとも緩和できるというわけです。

 ただ、黄体ホルモンの働きが強い生理前に、卵胞ホルモンに似た働きを持つイソフラボンを大量摂取することは、ホルモンバランスの乱れにつながるリスクがあります。
 サプリを摂取するよりも、イソフラボン配合化粧水の塗布などピンポイントな対策の方がおすすめです。