イソフラボンを深く知る!

ニキビ肌には
イソフラボンを含む化粧水が良い?

 ニキビができると痛いだけではなく、痕が残ってしまうことを心配しなくてはなりません。
 そんな悩みの解消につながってくれそうなのが、イソフラボンが配合されている化粧水なのです。

ニキビの原因はホルモン?

 ニキビができる原因としてはさまざまなものが考えられます。
 女性ホルモンの一種である黄体ホルモンと男性ホルモンも、ニキビの原因のひとつとされています。

黄体ホルモンの問題点

 黄体ホルモンは体を妊娠しやすい状態にしてくれる働きがありますが、困ったことに皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
 この働きによって皮脂によって毛穴が詰まり、ニキビの原因となってしまうのです。
 生理前にニキビができやすいとされているのは、黄体ホルモンの働きが強くなる時期だからです。

男性ホルモンの問題点

 男性ホルモンは女性の体内でも分泌されており、気持ちを前向きにし、性欲を高める働きがあります。
 男性ホルモンにも皮脂の分泌量を増やす働きがあり、黄体ホルモンと似た問題が起きるのです。
 ストレスを受けるとニキビができやすいのは、男性ホルモンの分泌量が増える原因のひとつがストレスだからです。

イソフラボンの化粧水がおススメな理由は?

 なぜイソフラボンがニキビ対策に有効なのかというと、女性ホルモンのうち、卵胞ホルモンに近い働きを持っているためです。

イソフラボンの効果はどのようなものなの?

 卵胞ホルモンは皮脂の分泌量を抑える働きを持っており、皮脂によって毛穴が詰まりにくくなるため、ニキビ防止につながるのです。
 イソフラボンが同様の効果を発揮すれば、黄体ホルモンや男性ホルモンの問題点を解決することができるというわけです。

なぜ化粧水を使う必要があるの?

 イソフラボンを肌に吸収させるのならば、豆乳を化粧水代わりに使えばいいのではないかと思う人もいるでしょうが、それではダメです。
 なぜなら、豆乳をはじめとする大豆製品に含まれているイソフラボンは、分子サイズの大きいグリコシド型で、肌に吸収されにくいのです。

 化粧水のイソフラボンはこの点を考慮し、分子サイズの小さいアグリコン型を配合しており、肌に吸収されやすくなっています。
 つまり、化粧水に配合されているイソフラボンでなければ、ニキビを抑える効果は期待できないのです。