イソフラボンを深く知る!

イソフラボンの保湿効果

 肌の保湿力が低下すると乾燥肌の原因となり、肌がカサカサになって荒れてしまいます。
 イソフラボンには肌の保湿力を高め、乾燥肌を防ぐ効果があるのです。

肌の保湿力低下のカギは女性ホルモン

 実は肌の保湿力のカギを握っているのは、女性ホルモンなのです。

保湿成分の生成を促す女性ホルモン

 真皮の線維芽細胞では、肌の保湿力を高めるコラーゲンやヒアルロン酸などが生成されています。
 女性ホルモンには、保湿成分の生成を促す働きがあるのです。
 更年期以降に肌が荒れやすくなるのは、卵巣の機能低下によって女性ホルモンの分泌量が低下するためです。

イソフラボンで女性ホルモンを補完

 イソフラボンの分子構造は女性ホルモンと似ているため、摂取によって女性ホルモンを補完することができます。
 体内の女性ホルモンの量を「増やす」ことによってコラーゲンやヒアルロン酸の生成量をアップさせれば、肌の保湿力を高めてくれるというわけです。

サプリより化粧水がオススメ

 こうしたイソフラボンの効果を実感するためには、食事やサプリメントで摂取するよりも、イソフラボンが配合されている化粧水を使用するのがオススメです。

化粧水はピンポイントに効果を発揮

 食事やサプリによって摂取したイソフラボンは全身に回るため、すべてが肌の保湿力アップにつながってくれるわけではありません。
 これに対して化粧水のイソフラボンは肌から吸収され、ピンポイントに保湿力アップ効果を発揮してくれるためです。

代わりに豆乳を使っていいの?

 それならば豆乳を肌に塗布してもいいのではないかと思う人がいるかもしれませんが、かえって豆乳に含まれている粒子によって肌に悪影響が出てしまいかねません。
 そもそも豆乳に含まれているイソフラボンは分子サイズの大きいグリコシド型で、肌から吸収されにくいのです。

 化粧水には、肌から吸収されやすくなるようにするため、分子サイズの小さいアグリコン型イソフラボンが配合されています。
 化粧水でなければならない理由があるというわけです。