イソフラボンを深く知る!

薄毛予防にイソフラボン

 AGA(男性型脱毛症)などが原因で起きる薄毛は、男性だけではなく女性にとっても深刻な悩みです。
 大豆イソフラボンには、AGAなどによる薄毛を予防してくれる効果があるのです。

若い女性がAGAになりにくい理由とは?

 AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質によって、頭髪の成長が妨げられてしまうことで起きる疾患です。
 男女関係なく発症しますが、若年層の女性の発症は稀です。
 これは、女性ホルモンの分泌量が多いことが理由です。

 女性ホルモンは頭部において、IGF(インスリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成を促します。
 IGF-1には頭髪の成長を促す働きがあります。
 若い女性はIGF-1の生成量が多いため、DHTの働きを抑えてくれているのです。

女性ホルモンを増やすイソフラボン

 もともと女性ホルモンの分泌量が少ない男性や、加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少した女性は、DHTの働きが抑えられないので、AGAを発症しやすくなっています。
 大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあるため、IGF-1の生成量の増加につながります。
 IGF-1の生成量が増えれば若年層の女性と同様にDHTの働きを抑えることができ、AGAによる薄毛の防止につながるというわけです。

薄毛予防は食品からの摂取がおすすめ

 付け加えると、イソフラボンによって薄毛予防をしようと考えているのなら、サプリメントではなく食品から摂取するのがおすすめです。
 なぜなら、大豆製品にはシスチンというアミノ酸が多く含まれているからです。

 頭髪はケラチンというタンパク質からなっていますが、ケラチンは食べ物から摂取できないので、体内のアミノ酸を組み合わせて生成するしかありません。
 このアミノ酸のうち、最も多くの比率をしているのがシスチンなのです。

 大豆製品によってシスチンを摂取すれば、ケラチンの生成量増加につながり、頭髪の成長力アップが期待できるのです。
 イソフラボンによるIGF-1の生成量増加との相乗効果が期待できるというわけです。