イソフラボンを深く知る!

イソフラボンでヒゲ対策

 ヒゲが濃いことを気にしている男性は多いです。
 女性でも、顔に産毛のようなヒゲが増えて困っているという人もいるでしょう。
 イソフラボンを摂取することでヒゲ対策が期待できるのです。

ヒゲが濃くなるメカニズムとは?

 実はヒゲが濃くなるのは、男性ホルモンの働きによるものなのです。

ヒゲが濃くなるメカニズム

 男性ホルモンや由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)は、体毛を増やしてくれる働きがあります。
 IGF(インスリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成を促し、体毛の成長を促進してくれるためです。
 ち なみにDHTは体毛の成長を促進させますが、頭部では毛髪の成長を抑制する成長因子の生成を促し、AGA(男性型脱毛症)の原因となってしまいます。

なぜ女性もヒゲが濃くなるの?

 実は女性の体内でも卵巣などから男性ホルモンが分泌されており、DHTも生成されています。
 仕事などでストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が活発になり、男性ホルモンの分泌量が上昇します。
 これは女性においても起きることで、結果として男性ホルモンやDHTの影響が強くなり、ヒゲが濃くなってしまうというわけです。

なぜイソフラボンでヒゲ対策ができるの?

 ヒゲをはじめとする体毛を薄くするためには、女性ホルモンの影響力を強める必要があります。
 このために役立ってくれるのが、大豆イソフラボンなのです。

 イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
 これはイソフラボンの分子構造が女性ホルモンに似ており、女性ホルモン受容体と結合することができるためです。

 イソフラボンを摂取することは、女性ホルモンを「補完」することにつながるというわけです。
 これによって女性ホルモンの影響力を強め、男性ホルモンの影響力を下げることができれば、ヒゲをはじめとする体毛が薄くなることが期待できるというわけです。
 もしあなたがヒゲの濃さに悩んでいるようでしたら、大豆製品やサプリメントなどでイソフラボンを摂取してみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
イソフラボンで体毛を抑制
http://www.cms-quebec.com/body-hair.html
ムダ毛対策
http://gasu-sido-ohnoya.sakura.ne.jp/hair.html