イソフラボンを深く知る!

ホットフラッシュにはイソフラボン

 急に顔がほてって汗が止まらなくなってしまうホットフラッシュは、更年期障害の症状のひとつとして有名です。
 イソフラボンの摂取は、ホットフラッシュ対策として期待できます。

ホットフラッシュが起きるメカニズム

ホットフラッシュの原因である更年期障害は、女性ホルモンの分泌量低下によって起きる疾患です。

女性ホルモンの分泌量の低下が招く不具合

 40代後半に入ると、加齢によって卵巣の働きが衰え、女性ホルモンの分泌量が低下してきます。
 それまで十分に分泌されていた女性ホルモンが減ってしまうため、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
 これによって骨密度が低下するなど、体に不具合が出るようになってきます。

ホットフラッシュは自律神経の乱れが問題

 もちろん、体の方もこの状態を放置しておくわけにはいきません。
 ホルモンの分泌を司る脳の視床下部からは「女性ホルモンを分泌しろ」という命令が出されます。

 ところが、肝心の卵巣が衰えているので、思うように女性ホルモンの分泌量が増えてくれません。
 それでも視床下部は命令を出し続け、最終的には疲労困憊してしまいます。

 視床下部はホルモンの分泌だけではなく、自律神経も管理しています。
 視床下部の疲労によって自律神経のバランスも崩れ、心身に不具合が出てきます。
 ホットフラッシュもそのうちのひとつで、自律神経のバランスが崩れた結果、血管の収縮と弛緩がうまくいかなくなることが原因です。

イソフラボンで女性ホルモンを「補完」

 イソフラボンは分子構造が女性ホルモンに似ているため、体内の受容体と結びつき、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
 つまり、イソフラボンの摂取は女性ホルモンを「増やす」ことなのです。

 これによって視床下部から「女性ホルモンを分泌しろ」という命令が出される頻度が落ち、疲労状態から徐々に回復していきます。
 結果として自律神経のバランスが徐々に整えられ、ホットフラッシュが起きにくくなっていくというわけです。