イソフラボンを深く知る!

イソフラボンでバストアップ

 大きなバストに憧れる女性が多いのは、プエラリアをはじめとするバストアップサプリメントが人気になっていることからも分かります。
 実はイソフラボンにも、バストアップ効果が期待できるのです。

なぜイソフラボンにバストアップ効果があるの?

 イソフラボンにバストアップ効果があるのは、女性ホルモンのうち卵胞ホルモンに似た働きを持っているためです。

女性ホルモンには2種類ある

 女性ホルモンは大きく分けると、卵子を育てる卵胞ホルモンと、妊娠しやすい体にしてくれる黄体ホルモンがあり、どちらもバストアップ効果を持っています。
 バストアップサプリのうち、プエラリアは卵胞ホルモン、ワイルドヤムやチェストベリーは黄体ホルモンの似た働きを持っています。
 これらのホルモンを「増やす」ことによってバストアップを狙っているのです。

イソフラボンは卵胞ホルモンに似ている

 上述のようにイソフラボンにも卵胞ホルモンに似た働きがあり、食事やサプリによって摂取することは卵胞ホルモンを「増やす」ことにつながります。
 プエラリアと同様、これによってバストアップを狙うことができるというわけです。

イソフラボンによるバストアップの注意点

 ただ、イソフラボンのバストアップ効果に期待するならば、気をつけてほしいことがあります。
 それは「低温期に摂取してほしい」ということです。

 妊活のために基礎体温を測っている人は知っているでしょうが、卵胞ホルモンの働きが強い時期は比較的体温が低いため「低温期」といわれています。
 逆に黄体ホルモンの働きが強い時期は比較的体温が高い「高温期」と呼ばれています。

 プエラリアを摂取して体調が悪くなったという口コミは結構ありますが、高温期に摂取してホルモンバランスを崩してしまったことが主な原因です。
 イソフラボンはプエラリアと比較すれば効果は弱いですが、ホルモンバランスに影響を与える可能性が皆無というわけではありませんので、バストアップ効果を期待するならばプエラリアと同様、低温期に摂取するのがおすすめです。