イソフラボンを深く知る!

イソフラボンで男性が得られる効果

 イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つため、更年期障害の症状緩和をはじめ、女性にとって効果のある成分というイメージが強いです。
 実際には、男性にも良い効果をもたらしてくれるのです。

前立腺がんの進行抑制

 前立腺がんは男性ホルモンの影響を受けて進行するため、男性ホルモンの分泌を抑える薬を投与するなどの治療法が行われています。
 イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っているため、男性ホルモンの働きを抑えてがんの進行を防ぐことができます。
 実際、病巣が前立腺にとどまっている場合、イソフラボンの摂取によって進行を抑えられることが臨床試験から分かっています。

体毛を薄くする

 ヒゲをはじめとする体毛が濃いという悩みを持っている人は意外と多いですが、体毛を成長させるのは男性ホルモンや由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)です。
 イソフラボンの摂取によって男性ホルモンやDHTの働きを抑えることで、体毛の成長を抑制できます。
 これによって、体毛を薄くすることが期待できるというわけです。

薄毛対策

 男性の薄毛の原因の多くは、DHTによって起きるAGA(男性型脱毛症)です。
 DHTが頭髪の成長を妨げてしまうことが原因です。
 イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っているため、頭部においてIGF(インスリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成を促し、頭髪の成長を促進させる働きを持っています。
 これによってDHTの働きを抑えられ、AGAの進行を食い止めることが期待できます。

男性は過剰摂取に注意を

 このように、男性にもさまざまな効果をもたらしてくれるイソフラボンですが、注意すべきは摂取量が過剰になることです。
 海外では豆乳のがぶ飲みによるイソフラボンの過剰摂取が原因で、乳房が女性のように大きくなってしまった臨床例も確認されています。
 イソフラボンの摂取量については1日当たり75ミリグラムの上限をしっかりと守り、過剰摂取になることがないように気をつけましょう。